ジュエルレイン 顔

ジュエルレインで顔のニキビケアをしよう

ジュエルレイン,顔

 

ジュエルレインは背中ニキビ専用クリームと思われている方も多いかもしれませんが、実は顔にも使えちゃいます。
口コミを見てみると顔のみならず二の腕やデコルテにも使っている方がいらっしゃいました。

 

ジュエルレインを顔に使っています。
使い始めてから新しいニキビができにくくなりました。
少し時間はかかっていますが、肌もぷるぷる明るくなってきました。
彼氏にも気づいてもらえたので間違いないと思います。
ジュエルレインだけだと乾燥するので、乳液も使っています。

 

ジュエルレインを背中から二の腕までまとめて使っています。
時間がない時は顔の保湿もしちゃっています。
いろいろなところに使うので減るのが早いのは難点ではありますが…。
ただ保湿力は高いので便利ですし、肌がサラサラになってきたのでリピしたいです。

 

 

ジュエルレインの顔への使い方は?

 

化粧品の種類によっては化粧水が先だったり、美容液が先だったりしますよね。
顔に使う場合、私はジュエルレインを化粧水の代わりに使っています。

 

なので化粧水と美容液を両方使い、美容液が化粧水の後に使うものなら、

 

ジュエルレイン→美容液

 

美容液が化粧水の先に使うものなら、

 

美容液→ジュエルレイン

 

のように使います。

 

 

洗顔から保湿までの流れを詳しく説明します。

 

  1. 洗顔
  2. プレ化粧水
  3. ジュエルレイン/美容液
  4. 乳液

 

洗顔

まず洗顔で顔の汚れを落とします。
温度は32℃くらいがベストです。
温度が高すぎると皮脂を落としすぎて乾燥しますし、低すぎると汚れが落ちません。
お風呂で洗顔される方は高い温度で洗いがちですので気を付けましょう。

 

プレ化粧水

次にプレ化粧水をお持ちでしたら洗顔の後に使います。
プレ化粧水とは導入液のことで、次に使う化粧水や美容液を肌に浸透させやすくする働きがあります。
ニキビ用の商品でいえば、リプロスキンですね。
ただ、これはあってもなくてもどちらでも構いません。
いろいろと買うと出費がかさみますので、最初は購入しなくても大丈夫です。
より高い効果を得たいと思ったら使ってみましょう。

 

ジュエルレイン/美容液

先ほどは3番について説明しました。
ジュエルレインと美容液の順番についてはお使いの美容液に合わせて使います。

 

乳液

最後に保湿をします。
ジュエルレインでも十分保湿できていると感じているのなら、乳液は不要です。
自分の肌の状態と相談しながら使うか使わないかを決めましょう。

 

ジュエルレインを使うと次の3つの効果が期待できます。
⇒(参考)ジュエルレインの成分を解説

  1. 炎症を防ぐ
  2. 肌の再生を促す
  3. 保湿する

 

どれもニキビケアには欠かせない要素です。
ジュエルレインは肌に刺激の少ない成分で作られているので、顔ニキビでお困りなら、一度使ってみましょう。

 

⇒ジュエルレインの口コミは信じてはいけない?【私のジュエルレイン4ヶ月体験談】はこちら